初めてのキャッシングでお金の借り方は?

★お金の借り方は思っているよりも簡単♪

 

キャッシングはPCやスマートフォンから申し込みができて、しかも即日キャッシングが可能なのが大きな魅力です。

 

特に、「すぐお金が必要だ」という人にとっては本当に「あってよかった!」と思えるサービスになっています。

 

しかし「簡単だ簡単だ」と言われても、まだ一度も利用したことがないキャッシング初心者の方にとっては、何が簡単なのか分からないでしょうし、簡単だといってもどうやったらいいのか分からないと思ってしまうのも仕方のないことですよね。

 

それでは、初めての人でも迷わずスムースに申し込みできるように、キャッシングの申し込みから借り入れするまでの流れをわかりやすく説明していくことにしましょう。

 

申し込みから借り入れまでの流れ

 

★まずは必要な書類を用意しよう
キャッシングの申し込みには必要な書類があります。

 

・運転免許証
・パスポート(写真と住所が記載されているページ)
・各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)

 

上記のいずれか1つで大丈夫です。ほとんどの場合は「運転免許証」か「健康保険証」を提出します。まずは必要な書類を手元に準備しておきましょう。

 

★収入証明書類が必要になる場合も
基本的には上記の本人確認書類だけでOKですが、希望する金額によっては、

 

・源泉徴収票
・給与明細書
・確定申告書

 

の収入証明書類のいずれかも必要になる場合があります。

 

必要になる金額は各キャッシング・カードローンごとに設定されています。
50万未満の申し込みであれば本人確認書類だけでOKです。

 

本人確認書類などの画像を用意する

キャッシングの申し込み方法には色々とあるのですが、現在ほとんどの人がネットから申し込みをしていますので、基本的なネットからの申し込み方法を説明していきたいと思います。

 

まず用意していただくものですが、上記で挙げた本人確認書のみでOKです。

 

インターネット申し込みの際には、本人確認書の画像データを利用するので、携帯などで本人確認書の写メを用意しておいてください。今では郵送ではなくネット上にアップしたり、メールで添付したり手軽に提出する事ができます

 

ネットから申し込みします

さて申し込みですが、まずは自分が申し込みたいキャッシング会社のHPを開きましょう。HP内に「新規会員申し込み」といった類のアイコンがありますから、そのページに入ってください。

 

そうすれば申し込み方法のガイダンスが記載されているので、あとはそのガイダンスに沿って、画面を進めていくだけです。おそらく最初に入会時の承諾書類があって、それに同意すると本格的な申し込みへ進むこととなるはずです。

 

各種情報の入力と書類の提出

申し込み時の記入事項は住所、氏名、年齢、性別、勤務先などの個人情報と、現在の借り入れ金などの質問事項になります。質問事項はキャッシング会社によって変わってきますが、一般的なものとしては、現在の借り入れ総額や契約後の運用目的などです。

 

必要記入事項が入力し終われば、本人確認書の写メを指定場所に添付して入力完了です。

 

審査の結果を待つ

あとは自動的に審査に回されるので、審査結果がメールでくるのを待つだけです。
審査時間はキャッシング会社によって違ってきますが、最短で30分、平均で1時間ほど見ておけば十分でしょう。メールで送られてきた審査結果がOKならばそのまま契約となり、直ぐにキャッシングすることができます。

 

 

ここまでが申し込みから借り入れまでの簡単な流れです。キャッシング会社によって若干違ってくる場合もありますが、基本的にはこのような流れだと思ってもらえばOKです。


人気のカードローンを比較してみよう(金利順)

★上限金利で比較するのが鉄則!
キャッシング会社を選ぶときに一番気になるのが金利です。できるだけ安い金利をと望むのならば上限金利の安いところを選びましょう。

 

キャッシング会社は金利を〇〇%〜△△%という表示で表していますが、これは審査内容によってこの範囲内の金利が適用されるという意味です。

 

基本的には300万円とか希望額が大きいほど、低金利が適用されるのですが、一般的な場合、初回申し込み者が適用されるのは1番高い上限金利となります。

 

よっぽど審査結果と収入が良ければ話は別ですが、そんな人はキャッシングの申し込みなんてしませんものね。ですから、できるだけ金利を安くするには上限金利の安いところを選ぶのが賢い方法というわけです。

 

多くの人はこのポイントを知らずに、1番安い下限金利を重要視するのですが、下限金利が適用されることなんて、ほとんどありませんから無意味ですよ。

↓来店不要でネット申し込みが可能です!↓

限度額

年率

無利息期間

プロミス
1万〜500万 4.5%〜17.8% 30日
※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

銀行カードローンと消費者金融はどっちが良い?

キャッシングとカードローンって一体何が違うの?そう思われる人は多いかと思いますが、基本的に両者は別物といっていいでしょう。

 

最近のキャッシングブームによって、この両者は、消費者金融が提供しているのがキャッシング、銀行が提供しているのがカードローンという括りになっているのが現状です。

 

ですから、キャッシングを利用したいという時に皆さんが考えるのが、キャッシングとカードローンのどっちがいいのか悩む人も少なくないかと思います。

 

それではこの両者の特徴とメリットを比較していきたいと思います。

 

銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン、東京スター銀行カードローン、じぶん銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、ジャパンネット銀行、新生銀行カードローン レイクなど

 

消費者金融・キャッシング

プロミス、アコム、アイフル、モビットなど

 

金利は?

銀行カードローンの方が有利

 

金利が高いことで知られているキャッシングですが、金利面を比べてみると消費者金融と銀行では、やはり銀行の方が低いと言えるでしょう。

 

消費者金融の場合、上限金利は18%前後が一般的であるのに対して、銀行の場合は14%前後の所もあります。利用方法にもよりますが、金利の事を考えるのなら断然銀行のカードローンの方がお得というわけです。ただ、サービス面では消費者金融の方が優れている所もあり、安易に金利だけでは決めずに各サービスを比較して決めましょう。

 

申し込みの手続き面は?

両社ほとんど変わらず。消費者金融の方が便利

 

無担保・無保証で本人確認書だけで申し込みOKで即日借り入れも可能というのがキャッシングの大きな魅力ですが、このサービスに関しては、やはり銀行よりも消費者金融のキャッシングの方が優れていると言えるでしょう。

 

しかし最近は、カードローン事業に力を入れている銀行が増えてきたせいか、銀行もこのキャッシングに劣らないサービスを展開しているところが多くなっています。

 

収入証明書類の提出が不必要なところや、即日利用が可能というところまで出てきています。今や、銀行は申し込みや審査が面倒だという固定観念は捨てた方がいいかもしれませんね。

 

 

以上のように、最近は銀行のカードローンもキャッシングと変わらないサービスに近づいてきているようです。今現在ちゃんとアルバイトやパートや正社員など安定した収入があるのであれば、是非利用を考えてみては如何でしょうか。