アルバイト・フリーターでもお金を借りれる?

キャッシングに申し込みたいけれど、定職に就いていないから無理だろう。
そう思われている人は多いかと思います。

 

しかしこの認識は間違っています。

 

たとえ定職に就いていなくても、パートやアルバイトなど毎月決まった収入さえあれば、キャッシングの申し込み基準は十分にクリアしているのです。

 

定職にも就いていない、パートやアルバイトもしていないという完全な失業状態であれば、キャッシングには申し込むだけ無駄なこととなってしまいますが、収入の大小は関係なく固定の主入冴えあれば十分審査に通ることも可能です。

 

ですから、今ままで「自分はアルバイトしかしていないから」という理由で申し込みに躊躇していた人も、安心してキャッシングに申し込んでください。

 

しかし、審査に通るのに収入の大小は関係ないですが、契約後の条件に関しては影響がないとは言えません。それではパートやアルバイトの人がキャッシング申し込みした場合、どうなるのかについて説明していくことにしましょう。

 

契約条件

 

キャッシングは審査に通れば全員が同じ条件で借り入れができるわけではありません。

 

審査に通った人の中でも、審査基準を好結果でクリアした人もいれば、審査基準スレスレで何とかクリアした人がいます。ですから、審査は何もクリアすればいいというものではないのです。

 

審査結果がいい人ほど安い金利や高い限度額が適用されて、好条件でキャッシングを利用することができます。そこで、一般的に収入の少ないと言われるパートやアルバイトの人ですが、収入が少ないというのはこの条件に大きなマイナスポイントとなってくるのです。

 

収入が少なければ、借り入れ限度額もそれに見合う設定がされます。

 

ですから、50万円の限度額を希望していても、収入によっては10万円とか5万円という設定になることも少なくないのです。パートやアルバイトが全て低収入であるというわけではありませんが、基本的には自分の年収の3分の1が上限となると考えておいた方がいいでしょう。

 

ですから年収60万円の人が申し込んだとしても、最高でも20万円までの限度額しか設定されないということです。

 

また金利も高めに設定されることがほとんどです。

 

キャッシング会社は〇〇%〜△△%という金利幅の中で、審査結果によって金利を設定されるのですが、収入が少ない場合は、1番高い金利が適用されると考えておいた方がいいでしょう。 

 

審査に通っても、限度額や金利に驚かれる人は少なくありません。

 

しかし、この条件は利用していく中で、返済遅延を起こさずに健全な運用さえ続けていれば改善されていきます。最初は納得のいく条件ではないかもしれませんが、利用していく中で信用を高めて、いい条件をゲットするように心がけましょう。