キャッシングを複数社利用するのは問題ない?

キャッシングはいざという時には本当に頼りになる便利なサービスです。
その利便性を知れば、できるなら1枚は持っておきたいと思う人は少なくないでしょう。

 

それに最近は各キャッシング会社で独自サービスを展開する風潮が定番化しているので、続々と新しいサービスが提供されています。ですから既にどこかのキャッシング会社で契約していたとしても、そのサービス目当てに新規申し込みしようと考える人も多いのではないでしょうか?

 

そこで心配になってくるのキャッシングを複数社利用するのは問題ないか?という点です。

 

キャッシング申し込み時にも、キャッシングの利用社数が多い場合は審査に影響すると言われていますし、基本的にはキャッシング会社の複数社利用は決していい印象をもたれるものではありませんよね。

 

しかし、キャッシング会社を複数社利用するのは基本的には問題はないのです。

 

各社の独自サービスをサービスを目当てに、複数社の契約をしていてもそれ自治には何の問題もありません。問題になってくるのは、その借り入れ総額なのです。

 

複数社利用が敬遠される理由 

 

キャッシング申し込み時に、既に利用しているキャッシング会社が何社あるのかが問題視されるのは、複数社利用しているということは、借り入れ金額が多いことが予測されるからです。

 

ですから、複数社のキャッシングが限度額いっぱいになって利用できないから新規申し込みをするとか、返済に充てる金額を借り入れするために新規申し込みをしたと考えられることが概ねです。

 

この点に関しては、信用情報を見ればすぐにわかるので、借り入れが多い場合でなければこの疑いはすぐに晴れるのですが、基本的にはそう考えられてしまうと思ってください。

 

同時に申し込みをすると申し込みブラックの危険が

 

新規申し込みの際にほかに利用しているキャッシング会社があったとしても、借り入れ金額と返済に問題がなければ審査に影響を及ぼすことはありません。

 

しかし、そのような場合でも同時に複数社の申し込みをするのはNGです。

 

キャッシング業界では、同時に複数社申し込みする人を「申し込みブラック」と呼び、それだけで審査NGとなることも少なくありません。同時に複数社申し込まないといけないほどお金に困っているとか、よっぽどいろいろなところから断られたんだろうと考えられてしまうのです。

 

一見、効率的な方法のように見えますが、審査時には大きなマイナスポイントとしかなりませんので、絶対に行わないようにしてください。