1万円だけ借りたいんだけど大丈夫?

キャッシングといえばお金に困った人が利用するものと考えられている人も多いようですが、現在キャッシングに申し込んでいる人の利用方法は多岐にわたります。

 

確かにお金に困って申し込む人は多いと思いますが、そのお金に困ったというのも、給料日まであと数日だけどチョッと生活費が足りなくなったとか、余裕がないときに結婚式や葬式などがありチョッとお金が足りないとか、狙っていた出物が見つかったけど、ボーナスまで待っていたら無くなってしまうなど、ほんの数日違っていれば借りる必要のなかったお金をキャッシングで手軽に流用しているという人が実に多いのです。

 

ですから限度額50万円のキャッシングを契約していたとしても、利用額が数万円なんて人も珍しい話ではありません。それにこういった利用方法はキャッシングで失敗しないためにも、実にいい運用方法でもあるのです。

 

少額の借り入れは・・・

 

キャッシングは銀行と比べて実に金利が高いことで知られています。
ですから借り入れ金額が多ければ多いほど多額な利息が発生することとなります。

 

例えば、年率18パーセントのキャッシング会社で1万円と100万円キャッシングした場合、発生する利息は1,800円と18万円となることからも(※単純計算しただけだから実際は異なる)借りれば借りるほど多くの利息を払う必要があることをご理解いただけるかと思います。

 

しかしキャッシング会社の利息は年率、つまり元金に対して1年間で発生する利息計算で算出されているので、返済が早ければ早いほど利息は安くなるわけです。

 

ここで失敗しないキャッシングの利用方法としてポイントとしたいのが、キャッシングした金額を翌月返済できるくらいの少額に抑えるということです。

 

そうすれば、11ヶ月分の利息を支払う必要がないので、高い金利と言えども多くの利息を支払うことを避けることができるというわけです。

 

しかし、100万円や50万円のように多額なキャッシングをしてしまうと、一括返済することができずに高い利息を支払う羽目になってしまいます。

 

ですから、キャッシングを利用する際のポイントとしては、翌月返済可能な少額借り入れに限定するという利用を心がけるのが失敗しないキャッシング利用方法となるのです。 

 

折角、簡単に借入れできるキャッシングが利用できるようになったのだから、今まで我慢していたものに使おうなんて考え方だと、あっという間に限度額に到達してしまします。

 

こうなると利息も高くなり、すべてを返済するのに長い期間が必要となります。

 

ですからキャッシング利用で失敗しないためにも、1万円とかの少額借り入れを心がけるのは実に賢い利用方法というわけなのです。