申し込み前に必要な心構え

無担保・無保証の上、身分証明書だけで簡単に申し込むことができるキャッシングですが、この簡単さ故に、キャッシングの利用には十分気をつけなければならないポイントも存在します。

 

通常、銀行で借り入れしようとした場合には、担保や保証人が必要になることも多いですし、提出しなければならない書類も多くあります。その上、銀行員との何度にも渡る打ち合わせでは、色々なことを根掘り葉掘り質問されるというのも珍しい話ではありません。

 

ですからお金を借り入れするということは、本当に面倒なことなんだと思い知らされます。

 

しかしキャッシングの場合にはそれがなく、簡単審査で当日借り入れもOKなので、とにかくお金を借入れすること自体に面倒さを感じないのです。借り入れ方法も簡単で、インターネットやATMで誰に会うことなく、あたかも自分の預金を引き出すように行えます。

 

この使いやすさがキャッシングの魅力ではあるのですが、これに慣れすぎると知らない間に借り入れ金額が多額になって、毎月利子を返すので精一杯ということにもなりかねません。

 

それでは、キャッシングを申し込む前に、思わぬキャッシング地獄に落とされないよう気をつけなければならない重要ポイントを紹介しておくことにしましょう。

 

返済計画は大丈夫?

 

キャッシングは限度額までならば、いつでも自由にキャッシングすることが可能です。

 

ですが、いくら自由にキャッシングできるからといっても、キャッシングしたお金は利息をつけて返していかなければならないのです。

 

ここで重要になってくるのが利息です。
キャッシングは申し込みや利用法は簡単で便利なのですが、金利が高いのです。

 

大手キャッシングの上限金利を見てみると18パーセント前後が一般的で、銀行の金融商品を利用した時と比べると3倍以上もの利子となっています。

 

年率18パーセントで10,000円キャッシングすると月々の利息は150円ほどですが、500,000円のキャッシングとなると、月々の利息は7,500円にもなってしまいます。

 

利息だけで毎月7,000円以上返済しなければならないなんて本当にナンセンスですよね。

 

500,000円もキャッシングしないという人もいるかもしれませんが、キャッシング慣れしてしまうと、チョコチョコとキャッシングする癖が付いてしまう人が実に多いのです。

 

その結果、借り入れ総額が高額になっていたというのはキャッシングではよく聞く話です。

 

ですからキャッシングする際には、本当に必要なのか?チャンと返済できる金額なのかをよく判断して、返済が困難になるような借り入れだけは避けるようにしなければなりません。