キャッシングの審査の時に見られる信用情報とは?

キャッシングの申し込みは審査時間が短いことで知られていますが、この審査では一体どのようなことが調べられているのでしょう?

 

この疑問を持つ人は意外に多いかと思いますが、審査時には申し込み者の信用情報をもとにして返済能力があるかどうかが調べられているのです。

 

キャッシングというとっつきやすいネーミングが定着していますが、キャッシングとは、要は借金のことです。ですから、申し込み者に借り入れできる限度額を返済できるかどうか、信用してもいい人かどうかが、審査を通していいかどうかの重要ポイントとなってくるわけです。

 

その際の判断基準とされるのが信用情報です。
それでは信用情報って一体何なのか詳しく説明していくことにしましょう。

 

信用情報とは?

 

信用情報という言葉は聞き寝れていない人も多いかと思いますが、要は、個人が今までに信用取引をした情報のことです。

 

信用取引とは、クレジットカードでの買い物や、キャッシング会社やクレジット会社からの借り入れなどを言います。これら信用取引の履歴を信用情報といい、信用情報機関で管理されているのです。

 

ですからクレジットカードでいくら買い物したかとか、あるキャッシング会社にいくらの借り入れがあるかなど、この信用情報ですべてを確認することができるというわけです。

 

この信用情報機関には利用状況だけでなく、その返済状況も記録されており、過去に返済が滞ったとか、金融事故を起こしたなどの情報も記録されています。

 

ですから、この信用情報を確認することで、申し込み者の借り入れ状況や返済状況を把握でき、申し込み者に返済能力があるのかどうか、チャンと返済出来るだけの信用があるのかどうかが判断できるというわけです。

 

信用情報機関について

 

現在、日本における信用情報機関には次の3つがあります。

 

株式会社シー・アイ・シー(信販会社系)

 

株式会社日本情報信用機構(クレジット/サラ金会社系)

 

全国銀行個人情報信用センター(銀行系)

 

キャッシング会社がどの信用情報機関を利用しているかは定かではありませんが、現在、日本で信用情報を管理しているのはこの3つだけです。

 

信用情報は個人情報に当たるので、申し込み時に信用情報の開示に同意が求められます。ですから、この信用情報は申し込み者の同意を得てキャッシング会社が請求するということになるのです。

 

この信用情報は個人でも請求することができるので、キャッシング審査にあまりにも通らないという人は、1度自分の信用情報を取り寄せて確認してみるというのもいいかもしれませんね。