総量規制って何?どういう法律?

最近、キャッシング会社のテレビCMなどで総量規制という言葉をよく耳にするようになりましたが、この総量規制って一体何のことなんでしょうか?

 

おそらく総量規制についてチャンと理解している人はあまりいないでしょう。

 

というのも、総量規制とは貸金業法に定められた法律ですから、一般の人が遵守するたぐいのものではないですから、馴染みがなくても当然のことなのです。

 

しかし、キャッシングの申し込み時には、この総量規制は大きな影響を与えることとなります。ですからこれからキャッシングの申し込みをしようという人は、知っておいた方がいい法律だと言えます。

 

それでは、今回はその総量規制について詳しく説明していくことにしましょう。

 

総量規制とは?

 

総量規制とは、貸金業者に年収の3分の1を超える貸し付けを行うことを禁じた法律です。

 

貸金業者とはいわゆる消費者金融などの事(※銀行カードローンは銀行法が適用されるので対象外)です。ですから、キャッシングに申し込んだ人が既に年収の3分の1に当たる借り入れをしていた場合には、決して審査をパスすることはできないということなのです。

 

そんなことどうやって調べるの?と思われる人も多いかと思いますが、審査時には信用情報機関から申し込み者の信用情報が取り寄せられます。

 

この信用情報の中に申し込み者の借り入れ状態が全て記載されているので、たとえ申し込み時に虚偽申告したとしても絶対にバレるというわけです。ですから総量規制に引っかかる申し込み者は、どんな手を使ったとしても絶対に審査をパスすることはないのです。

 

なんでこんな法律が作られたのか?

 

これにはキャッシングによって多重債務者が増え、自己破産者が後を立たなくなったことにあります。総量規制が制定される前までは、貸金業者は何の括りもなく、審査基準さえクリアしていれば審査に通すことが可能でした。

 

そこで利用者は複数社のキャッシングを利用することができたので、多くの多重債務者が発生することとなりました。そしてその多重債務者のほとんどが、返済しきれないほどの借り入れをしてしまって、どうしようもない状況となり自己破産するしかなくなったのです。

 

そこでこの状況を重く見た政府が、自己破産者を増やさないために総量規制という法律を貸金業法に加えたというわけです。この法律が貸金業法だけで銀行法には加えられなかったのも、審査が甘いというキャッシングの性質を重く見た表れと言えるでしょう。 

 

以上のように、現在はキャッシング申し込み時には、現在の借り入れ総額が大きなポイントとなってきます。総量規制に達していなくても、その可能性があるような申し込み者の審査は厳しいと言っていいでしょう。

 

チョッとヤバイかなと思われる人は、少し返済を進めてから申し込んだ方がいいかもしれませんね。ちなみに銀行カードローンでは総量規制の対象外となっているので、年収の制限はありません。