より低金利でお金を借りる方法とは?

キャッシングはとても便利なサービスですが、ただ1つ何点を挙げるとすれば、それはやはり金利が高いという点でしょう。ですからキャッシングに申し込む際には、できるだけ金利を安く借りたいと考えるのは当然のことですよね。

 

しかし、金利の設定はキャッシング会社の審査員が決めることですから、利用者ができることといえば、できるだけ金利設定が安いところに申し込むくらいしか方法はありません。

 

そこで注目してもらいたいのが、その審査です。

 

キャッシング会社は〇〇%〜△△%と金利設定枠があり、審査の結果内容が良いほど△△%に近い安い金利が適用されます。

 

ですから金利を安くしたいのならば、できるだけ審査で好結果を出せばいいというわけです。それでは、審査で好結果を出しやすいポイントにはどんなものがあるのでしょうか。

 

今回はそのポイントについて説明していくことにしましょう。

 

審査時に好結果に繋がるポイント

 

審査時に好結果に繋がる条件を挙げると、やはり1番最初にでてくるのが年収です。

 

キャッシングは総量規制に基づいて貸し出しを行っています。
総量規制とは、個人に年収の3分の1以上の貸し出しを禁じた法律です。

 

ですから年収が高ければ高いほど、多くの貸し付けを行うことができるということです。ですから、キャッシング会社にとって高収入の人はいいお客さんとなるわけです。

 

ということで、そんなお客さんをできるだけ集めたいキャッシング会社は、どんどん借り入れできる環境を整えるために安い金利に設定するというわけです。

 

そして次が職業です。

 

キャッシング会社は非営利団体ではありません。
慈善のために営業しているわけではなく、常に利益を追順しているのです。

 

しかし、キャッシング会社は審査基準が銀行よりも甘いこともあって、利用者すべてが優良なお客ばかりというわけにはいきません。返済できなくなって貸し倒れとなってしまう利用者も少なくないのです。

 

これはキャッシング会社にとっては大きな損失となります。

 

ですから、キャッシング会社は貸し倒れの可能性の少ない優良な顧客を好みます。
その優良な顧客が大手企業に勤める会社員や公務員です。

 

これらの人たちは社会的信用を大事にするので、返済遅れがあったとしても貸し倒れになる可能性が少ないのです。ですから、これらの職業に就いている人はできるだけ多く利用してもらいたいので、金利を低く設定して囲い込もうとするわけです。 

 

以上、年収や勤務先が良ければキャッシング会社は無条件で金利を低く設定します。

 

これは今更どうにもならないという人もいるかもしれませんが、これからどうにかできるという学生の方は頭の片隅に置いておいてくださいね。