収入証明書はなしでもOK?必要な時は?

キャッシング申し込みの際に申し込み者の皆さんが1番心配するのが、本当に本人角煮書だけで申し込みできるのかという点です。

 

通常、銀行で融資を受ける時(※銀行カードローンではないです)は、借り入れを申し込む際には、本人確認書をはじめとして、収入証明書、資産証明書など様々な書類が必要となります。

 

しかしキャッシングや銀行カードローンに関しては、そんなに色々な書類は必要なく、本人確認書だけでOKです。

 

しかし最近は、キャッシングに言及したサイトも数多くあるので、そこで得た情報を間違った解釈をして誤解をしている人も少なくありません。

 

キャッシングをチャンと理解するには、金融用語をキチンと理解しなければならないので、日常生活で金融用語に携わることのない一般に人たちが、誤解解釈をしてしまうのも仕方のないことです。

 

そしてそんな誤解解釈が招いた質問として多いのが「収入証明書は必要ないの?」です。
確かにキャッシング申し込み時に収入証明書が必要なケースはあります。

 

しかし、先程も申しましたが、基本的にキャッシング申し込みは本人確認書だけでOKなのです。それでは変な誤解を招かないためにも、収入証明書が必要なケースを説明しましょう。

 

収入証明書が必要なケース

 

まずは利用限度額の変更を希望する場合です。

 

一般的なキャッシング申し込みの場合は、限度額の上限が50万円に設定されていることがほとんどですが、希望によってはキャッシング会社が定める範囲内であれば、限度額の変更を行うことも可能です。

 

ですから、限度額を100万円にしたいという希望があれば、申し込み時に限度額変更を伝えればいいのです。しかしこの50万円を超える限度額の変更には収入証明書の提出が必要となります。

 

これは、総量規制に引っかからないかどうかの確認が必要なためです。
年収の3分の1を超える貸し出しは違法となるので必ず年収確認が必要となるのです。

 

そして次が他社借り入れが多い場合です。

 

既にほかのキャッシング会社を利用している際には、当然そこでの借り入れ金が発生しています。その借り入れが多い場合の申し込みには、収入証明書が必要となります。

 

これも総量規制に引っかからないかどうかを確認するためです。借り入れ金が多い場合は、前もって用意しておいたほうが無難かもしれませんね。 

 

最後に申込額が大きい場合です。

 

  • キャッシングの場合⇒50万未満は収入証明不要
  • 銀行カードローンの場合⇒概ね100万未満は収入証明不要(各社による)

 

という形になっています。ですので、それを超えるような大きい額を借りたいなぁ〜と思って申し込んだ場合は本人確認書類だけでなく収入証明書も必要になってきます。

 

 

以上のようにキャッシングで収入証明書の提出が求められるのは、総量規制に引っかかる可能性がある場合のみです。中には収入証明書の提出を必須としているキャッシング会社もありますが、基本的には必要ないので安心して申し込むようにしましょう。