お金を借りる時に準備しなくてはいけない必要書類は?

キャッシングの魅力といえば、簡単審査で即日借り入れがOKなところですが、初めてキャッシングの申し込みをする人は何を用意したらいいの?と不安になってきますよね。

 

しかし、そんな心配は無用です。

 

基本的にキャッシング申し込み時に必要なものは、本人確認書類のみです。

 

通常、一般的な借り入れで利用する銀行は、必要書類が多いために、借り入れの契約となると色々な書類が必要になってくると思われる人は多いかと思います。

 

しかしキャッシングや銀行カードローンの場合は、そんな必要はないのです。

 

しかし、現在の借り入れ状況や契約内容変更などを希望する際には、本人確認書以外に収入証明書が必要になってくるので注意が必要です。それでは、キャッシング申し込みで収入証明書が必要になってくるケースにはどのようなものがあるのかを詳しく説明していくことにしましょう。

 

100万円以上借りたい場合や他社からの借り入れが多い場合

 

基本的に銀行カードローンは100万円未満なら収入証明書不要、消費者金融なら50万円未満なら収入証明書不要となっていますが、それを超える額の借り入れを希望する場合には収入証明書が必要になってきます。

 

また、キャッシングに申し込みする人の中には、既に他のキャッシング会社を利用しているという人も少なくないでしょう。そんな人は、他社申し込みの新規申し込み際に、収入証明書が必要になってくる場合があるので注意が必要です。

 

本人確認書の他に収入証明書が必要かどうかは、申し込み者の借り入れ総額がいくらあるかによって決まってきます。そこで問題になってくるのが、一体いくらくらいの借り入れに必要になってくるのか?という点ですが、100万円くらいを目安に考えればいいでしょう。

 

複数社利用しているからといっても、少額利用だと収入証明書の提出を求められることはありません。しかし、100万円は借りていないという人でも、それに近い借り入れがある場合は前もって用意しておいたほうがおいいかもしれませんね。

 

限度額変更を希望する場合

 

キャッシング申し込みの場合、キャッシング会社が設定した借り入れ限度額が300万円に設定されていても、上限を50万円に設定するのが一般的です。

 

ですから、申し込み時に何の要求もしなければ、いくら審査結果が良くても限度額は50万円で設定されることになります。しかし、この限度額は変更することができるのです。

 

申し込み先の設定した限度額以内であれば、希望の限度額に変更することが可能です。
ですから300万円に変更することも可能というわけです。

 

しかし、この場合は、本人確認書の他に、収入証明書の提出が必要となります。

 

変更しないのなら関係ありませんが、最初から限度額変更を希望している人は、必ず収入証明書を用意しておくようにしましょう。