他社での借り入れがすでにある・・・こんな状態でも借りれる?

キャッシングに申し込む人は、何も全員が初めてのキャッシング利用というわけではありません。既にほかのキャッシング会社を利用していて、違うところのキャッシング会社を利用しようという人も大勢います。

 

他社キャッシングを新規申し込みする理由には色々とあるでしょうが、気をつけなければならないのは、他社キャッシングに現在いくらの借り入れがあるのかという点です。

 

キャッシングの併用自体には多くなりさえしなければ、審査時にマイナスポイントとなることはありません。しかし、借り入れ金額が多額の場合はマイナスポイントとなることが多く、契約条件が悪くなったり、審査に通らなかったりすることが予測されます。

 

ですから他社キャッシングに多額の借り入れがある場合は、そちらの返済を進めて借り入れ金額を減らしてからの方が得策と言えるでしょう。

多額な借り入れがマイナスとなる理由

 

キャッシングは業種で言うと貸金業という括りになります。そして貸金業者が守らなければならないのが貸金業法です。この貸金業法に違反するような行いがあれば、営業停止などの厳しい処分がくだされることとなります。

 

そしてキャッシングの申し込み時おいて、キャッシング会社が最新の注意を払うのが貸金業法に定められた総量規制です。総量規制とは貸金業者に、個人の年収の3分の1を超える貸し付けを禁じた法律です。

 

ですから、キャッシングの審査時に1番最初に確認されるのが、現状の借り入れ総額というわけなのです。ここで借り入れ総額が、申し込み者の年収の3分の1に達している場合や、それに近い借り入れがある場合は、新規契約は難しいということになってくるわけです。

 

一体どれくらいの借り入れが総量規制に引っかかるかは、申し込み者の年収によって変わってくるのですが、キャッシング会社が基準にするボーダーラインとしては80万円〜100万円くらいでしょう。

 

50万円くらいならば大丈夫ですが、その場合には新規契約で100万円以上の借り入れとなることも予測されるので、審査時に実際の収入状況を確認するため、必ず収入証明書の提出が求められます。 

 

キャッシングは高金利というデメリットがあります。ですからその高金利のところで100万円もの借り入れをすることは危険な行為でもあるのです。

 

借り入れが多額になると利息を支払うのが精一杯で、なかなか元金の返済が終わらないという人も少なくないのです。そうならないためにも、現在の借り入れが多いかな?と思ったら、まずは借り入れ額を減らすことを優先に考えて、新規申し込みは借り入れ金額が減ってからにする方がいいでしょう。