仕事の勤続年数と年収が大きなポイントに!

キャッシングの審査時に重要なポイントになってくるのは、申し込み者の返済能力とチャンと返済してくれるかという信用です。

 

審査はこの2つのポイントを基準として調査していると言っても過言ではないでしょう。

 

ですから返済能力と信用に関してプラスポイントが多ければ多いほど内容のいい審査結果が得られますし、マイナスポイントが多ければ多いほど審査内容は悪くなり、審査に通過したとしても悪条件での契約になったり、審査NGとなることも少なくないのです。

 

ですから、審査を通過するためにはプラスポイントとなる条件がどれだけ揃っているということが、重要なポイントとなってくるというわけです。

 

それではそのプラスポイントとなるものにはどのようなものがあるのでしょうか?
その代表的なものとして挙げられるのが勤続年数年収です。

 

勤続年数と年収の審査への影響

 

収入はキャッシング申し込み時に最も重要視される項目の1つと言ってもいいでしょう。

 

何故かというと、年収が多いほど総量規制に引っかかる確率が低くなりますし、借り入れが多かったとしても返済能力にクエスチョンマークが付く確率が少なくなることが多いからです。

 

クレジット会社が考える優良な利用者の条件としては多くの収入があり、チャンと返済するだけの信用が得られる人です。そんな条件の人であれば、できるだけ金利を安く設定して、限度額イッパイまで利用可能という条件提示をするでしょう。

 

ですからキャッシングを申し込みする際に収入が多いということは大きなメリットとなってくるというわけです。

 

そして次が勤続年数です。

 

現在勤めている会社の収入が良くても、勤続年数が1年に満たないということなら、その収入が今後も継続して得られるかどうかという点でクエスチョンマークが付くことになります。

 

これは返済能力だけでなく、個人の信用に関しても判断することが難しくなってきます。

 

通常、勤続年数が1年未満の場合は、審査に通っても契約条件が悪くなったり、審査に通らないというケースがほとんどです。ですから、勤続年数が長いということは、今後も現在の収入を継続して得ることができるという大きな信用を生むことになるのです。 

 

キャッシングの申し込み時には、この他にも色々なプラスポイントとなるものがあります。

 

しかし、収入と勤続年数に関しては間違いなく大きなプラスポイントとなるのは間違いありません。ですから収入に関しては仕方ありませんが、勤続年数が短い場合はできるだけ長く勤めた上で申し込むようにしましょう。