キャッシングの審査はここを見られます!

キャッシングは短時間審査で、即日キャッシングOKという対応の速さが人気の1つです。
しかし、銀行ならば何日もかかる審査が、何でキャッシングの場合は短時間で済むのでしょう。

 

最近は最短30分で審査完了なんているところも出てきており、年々、審査時間を短縮してくるキャッシング会社が増えてきています。通常ならば何日もかかる審査が、30分で終了してしまうなんて言われれば、嬉しい悲鳴を通り過ぎて、なんだが逆に心配になってきますよね。

 

キャッシング審査が短時間で済む原因としては、やはり銀行(※銀行カードローンではない)のような綿密な審査を行っていないという点が挙げられるでしょう。銀行の場合、返済できるかどうかについての審査が申し込み者だけでなく、その担保や保証人にも行われることになります。

 

その点、キャッシングは無担保、無保証が原則になっているために、審査対象が申し込み者のみというのは大きな時間短縮を可能にする要因となってくるわけです。

 

しかしキャッシング会社も貸し倒れだけは防ぎたいので、申し込み者の審査に関してはチャンとした審査を行っています。それでは、キャッシング審査の場合、重要視されるポイントには何があるのかを説明していくことにしましょう。

 

多額な借り入れはないか

 

キャッシング会社がまず最初に見るのが、現在の借り入れ状態です。

 

申し込み者は必ずしも初めてのキャッシング申し込みとは限らないので、ほかのキャッシングを利用して、既に借り入れが発生していることも十分に考えられます。

 

ここで重要視されるのが、その借り入れ金が多くないかという点です。
キャッシング会社は、個人の年収の3分の1を超える貸し出しは法律によって禁じられています。
(※銀行カードローンは対象外で年収制限はありません。)

 

ですから現在の借り入れ総額が、その3分の1に当たると予測される場合や、それに近い場合は、審査に通すことができないということになってしまうのです。

 

記載事項に誤りはないか

 

そして記入事項に虚偽記載がないかどうかも重要なポイントとなってきます。

 

中には知られたくないとか、通りやすくしたいという思いから、キャッシング会社の質問に虚偽記載する人もいるようです。しかし、この行為は絶対にNGです。

 

借り入れ金に関しても、キャッシング利用社数に関しても、知られたくないと思うこのほとんどは審査時にに取り寄せられる信用情報で全て分かってしまいます。

 

ですから、知られたくないと嘘を書いても絶対にバレてしまうのです。
こうなると虚偽記載したという判断が下され、申し込み者の信用が著しく低くなってしまいます。

 

キャッシング契約において、返済能力の他にも、この人間性は重要なポイントとされることが多いのでくれぐれも注意するようにしましょう。