在籍確認で勤務先にかかってくる電話ってどんな感じ?

キャッシングの申し込みは無人契約機やインターネット申し込みの導入で、誰とも合わず、誰にもバレることなく申し込みできるようになって多くの利用者が急増しました。

 

しかし、この秘匿性の高い申し込み方法が取り入れられた現在でも、申し込み者が気にかける唯一の問題が、職場への在籍確認の電話です。

 

キャッシングしていることは隠したがる人が多いのですが、最も誰に知られたくないかというと、やはりそれは職場の人たちですよね。せっかく誰とも合わずに申し込みしたのに、最後の最後で職場の人にバレるんじゃないかと心配している人は少なくないでしょう。

 

実際、職場に在籍確認が入るのを申し込み時まで知らずに、それが原因で申し込みを途中で止めてしまったという人もいないわけではないのです。

 

この在籍確認は職場の人にキャッシング申し込みしているとバレてしまうようなものなのでしょうか?今回は、キャッシング会社の在籍確認について説明していくことにしましょう。

 

在籍確認ってどんな感じ?

 

在籍確認で、職場の人にバレてしまうのでは?と心配している人の多くが、あたかもキャッシング会社だとわかるような電話をしてくるのでは?と心配している人ばかりです。

 

しかし、この点はキャッシング会社もチャンと理解していますから、すぐにバレるような電話対応をすることは決してありません。在籍確認の電話で確認するのは、本当にその職場に申し込み者が在籍しているのかどうかという1点だけです。

 

ですから、電話で申し込み者の情報を確認することもありませんし、単に申し込み者を呼び出すだけなのです。ですから「〇〇と申しますが、△△さんはいらっしゃいますでしょうか?」と電話して「少々お待ちください」というのが一般的な在籍確認の流れです。

 

これで申し込み者に電話が繋がれればそれで終了。

 

そして、不在の場合でも、「ただいま△△は不在にしております。」となれば「分かりました。それではまたこちらから電話させていただきます」といった感じで電話を切って終了です。

 

要は申し込み者が在籍確認時にいようがいまいが、その職場に在籍していることが確認できればどちらでもいいのです。これならば絶対にキャッシング会社からの電話などと疑われることはありませんよね。

 

以前は、架空の会社名を名乗ることが多かったようですが、今ではその行為は違法とされているので、基本的には在籍確認を行う人の個人名で電話するのが一般的です。

 

決してキャッシング会社名を名乗ることなどありませんから、在籍確認にそれほど気を遣う必要はないのです。