15時以降でも即日お金を借りる方法

最近のキャッシングの申し込み方法としてはインターネットを利用する人が多くなってきています。24時間365日、インターネットに接続できる環境さえあれば、場所を選ばず申し込みできるのですから人気が出ないわけがありませんよね。

 

しかし、このインターネット申し込みを使って、即日融資をしたいのならば注意しなければならないことがあります。それは申し込み時間です。

 

「確実に即日お金を借りたい時に注意する事」でも書きましたが、即日融資を可能にするためには、まず審査可能時間内に申し込みを終えて、審査結果が出ていなくてはなりません。

 

ですから、インターネット申し込みの「いつでも、どこでも」というキャッチフレーズに惑わされて、時間を気にせず申し込みをしたら、即日融資が受けられなかったということにもなりかねないのです。

 

ですから、即日融資を受けたいのならば、インターネット申し込みを行ったとしても「いつでも」というフレーズは通用しないということをよく理解しておいてください。

 

銀行営業時間が重要

 

そして次に注意しなければならないのが銀行の営業時間です。

 

インターネット申し込みはすべてがWEBで完結するので、通常ならその場でもらえるATMカードは後日発送されることになります。

 

ですからキャッシングはインターネットサービスを利用することとなるのです。

 

このインターネットでのキャッシングの際、1番気にしなければならないのが銀行の営業時間です。インターネットキャッシングでキャッシングしたお金は指定口座に振り込まれます。

 

ですから、基本的には銀行営業時間内に契約完了となっていなければ、当日振込みがされず、翌営業日の振込となってしまいます。その日に確実に現金が必要という人は、最低PM2時までに契約が終わっているように、早めの申し込みを心がけるようにしましょう。

 

じゃあ15時以降の銀行営業時間外でも即日借りるには?

 

基本的には銀行営業時間内が即日融資の鉄則ですが、最近は24時間振込み可能な銀行と提携しているキャッシング会社も出てきています。これならば、銀行営業時間を気にすることなく申し込みできるので、余裕のある申し込みが可能となります。

 

インターネット申し込みの際に即日融資を受けるためには、銀行営業時間が大きく影響してきます。ですから、即日融資を受けるために万全を期するのならば、このサービスを行っているキャッシング会社に申し込むのが1番確率の高い方法と言えるでしょう。 

 

ただし各会社が提携する銀行口座が必要になってきます。

 

特定の銀行口座があれば24時間振込OKの会社
会社名 必要な銀行口座

プロミス

三井住友銀行かジャパンネット銀行

モビット

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行

アコム

楽天銀行

ジャパンネット銀行キャッシング

ジャパンネット銀行

オリックス銀行カードローン

ジャパンネット銀行

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行

 

自動契約機がある会社なら夜21時までOKの所も

大手の中には自動契約機を設置している所がありますが、15時を過ぎていても自動契約機に行けば21時まで受け付けている所もあるので、即日お金を借りる時には便利です。まず審査をネットで終わらせてから、お近くの自動契約機まで行って手続きを終わらせるといった流れです。

 

自動契約機だとその場でカードが発行されるので、すぐに現金を引き出す事ができます。

 

自動契約機がある会社はココ

プロミス・アコム・モビット・アイフル・新生銀行カードローンレイク・三菱東京UFJ銀行カードローン(TV窓口20時まで)など

 

 

以上のように、時間に左右される即日融資ですが、24時間振込みが可能な銀行と提携しているところを利用することで、その確率はグンと高くなります。

 

今後の利用でも大きなメリットとなってくるので、申し込み時には、最初からこのサービスを行っているところを選ぶのもいいかもしれませんね。